オフィスコーヒーで一息~手軽にゴクゴクHOT TIME~

drink

オフィスコーヒー事情

飲み物

たくさんの人が働く「会社」において、仕事の合間に束の間の癒しをくれるオフィスコーヒーは、ただ喉を潤すためだけの存在ではなく、本格的な味と香りで心までリラックスさせてくれるような存在であることが求められています。

Read More

コスト面でも有利

飲み物

最初の1段落目はテーマに沿って、オフィスコーヒーをよりお得に利用するためのプランの見直しを勧めています。2段落目ではオフィスコーヒーの利用方法について、サービス会社の種類から申し込み、利用と料金システムを解説しています。

Read More

コーヒーを楽しむ

飲み物

オフィスコーヒーは、価格の安さだけでなく、導入のしやすさという観点からも人気が高いです。導入を迷っている場合は資料請求することも可能なので、安心感を感じる人も多いといわれています。

Read More

コストを知って導入

人数やマシンで値段は変化

飲み物

職場でいつでも新鮮で美味しいコーヒーが飲めるオフィスコーヒーのサービスは、コスト面での優秀性もあってサービスを導入する企業が多く見られます。 気になるのはそのコストですが、必要なイニシャルコストとランニングコストはそのオフィスの社員数や貸し出しをしてもらうマシンの種類やコーヒー豆などの種類によって変わってきます。また多くのオフィスコーヒーサービスは、復数のプランを用意しており、コーヒー1杯ごとに値段が掛かるプランからコーヒー豆のパック単位での購入まであります。 1杯あたりの単価で見ていくと安いオフィスコーヒーでは20円ほどから、豆やマシンに拘りを持たせた高級なコーヒーならば120円から200円程度のものまであります。

オフィスコーヒーの相場

社内にオフィスコーヒーを導入するにあたって気にしたい点が1杯あたりの価格相場です。オフィスコーヒーは提供する会社によって重視するポイントが違い、コスト面での優秀性や味や品質、コーヒーマシンの良さなど多くの相違点があって、これが価格相場に大きく影響を与えています。 しかし一般的なオフィスコーヒーの相場は、缶コーヒーの値段以下で1杯あたりのコーヒーを利用することができます。すなわち130円以下のオフィスコーヒーが主流となっており、相場としては1杯あたり50円前後が多く見られます。 安い所を探せば20円代の料金のオフィスコーヒーもありますが、マシンの導入でイニシャルコストが掛かるケースもあります。このため費用をよく見極めて価格相場を判断するのが賢いオフィスコーヒーの導入方法です。